脱毛の種類と効果の違い

バナー

脱毛の種類と効果の違い

夏が近づくと憂鬱になるという女性も多いです。


なぜなら夏は肌の露出の多い洋服を着る機会が多くなるので、どうしてもむだ毛の自己処理に時間をとられてしまうからです。


手軽なのでカミソリで自己処理をする人も多いですが、肌荒れや色素沈着をおこしやすくなるので、余計みっともない肌になるケースも多いです。

肌のトラブルをおこさないためには、できるだけ自己処理の回数を減らすことが大事ですが、それは難しいという場合は、保湿をしっかりおこなうといいでしょう。エステサロンやクリニックに通い、むだ毛の手入れをプロに任す人もいますが、サロンやクリニックでおこなう施術方法には、それぞれ特徴があるので、自分にあった方法を選ぶことが大事です。



サロンでおこなうフラッシュ脱毛の特徴は、肌にとても優しいのでデリケートゾーンでも痛みを感じにくいことです。

肌が弱い人や敏感肌の人でも痛みを感じにくいので、安心して施術を受けられます。ただしパワーが低いマシンなので、脱毛効果がでにくく、施術回数も12回以上おこなうこともあります。



クリニックでおこなう医療レーザー脱毛は、1回の脱毛効果がとても高く、少ない施術回数でむだ毛がなくなります。



一度施術が完了すれば、その後何度も施術をする必要がありません、ただしパワーが強いマシンなので、痛みを感じやすいです。

ニードル脱毛は、最近は一部のクリニックやサロンでしかおこなっていませんが、仕上がりが丁寧で綺麗なので、一部の人には人気があります。

ただし毛穴に1本ずつ針を通すので、時間がかかり痛みも感じやすいです。